朝のアイスコーヒーはクイッと飲みたい
例えば、何も知らない宇宙人に「オレンジジュース」を説明するとしたら、どうやって説明する?「欲求」の雰囲気とか、いやいや、前提として地球のの説明からするのかもしれない。
ホームボタン

息絶え絶えでお喋りするあなたと僕

ちょっとした出張で、日光市へ行くこととても多かった。
関東地方の北寄りに位置する日光市は栃木県にあって、海に面していない県で、多くの山に囲まれている。
そのことから、冬が来ると雪が降り、除雪車やチェーンは必須である。
秋が来ると、東北自動車道で2泊3日の予定で行って、無事に帰り、また2泊3日というスタイルがとにかく多く、ニュースなどで日光が登場すると懐かしいとさえ感じてしまう。
日光を見ずして結構というなかれという面白い表現がある位なので、一度は見た方が良い所だ。
紹介させてもらうと、旅行のメインはやっぱり東照宮。
あの有名な家康の墓があるところで、中の立派な様子に驚くだろう。
そして、いろは坂を上るとたどり着ける日光の湯元温泉
硫黄泉らしく、白く、熱めの温泉。
この温泉に来ると冷え症が完治すると思う。
日光東照宮が建てられたときには、日光湯元温泉を目指して湯治客が集まったそうだ。
景色が思い浮かべられる歴史的な栃木の日光。
東照宮の紹介も兼ねて、ガイドブックにも多く記載されているこの場所に、また行ってみたいと考えている。

暑い平日の深夜に立ちっぱなしで
盆だとしても本家から外れていたらとあまり思い知らされることがないが、最小限、供え物くらいはと考え里へ配送した。
家元に暮らしていたら、線香を手に持って祖先の歓迎に出向いて、盆のしまいに送りに行くのだが、離れて住んでいるので、そういうふうにすることもない。
周りの方々は、香を持って墓所に行っている。
そんな姿が視野にはいってくる。
常日頃より墓所の前の道路にはたくさんの車が停車していて、人もめちゃめちゃ多く目につく。

息絶え絶えで口笛を吹く友達と草原

何か一個の好きなことを、長く続けている根気のある人に憧れる。
スノーボードでも、ピアノだったり、どれだけ小さなことでも。
季節ごとに一度だけでも、幼馴染のメンバーで、いつもの温泉旅館に滞在する!というような事も良いと考える。
どんなことでも一個の事を行うと必ずプロまでたどり着くことがある。
あれは、3歳の時、ピアノと書道の2つを習っていたが、続けていればよかったな。
このように考えるのは、リビングのの隅に父に貰ったピアノが置いてあるから。
今の自分は全然分からないピアノだけど、余裕ができたらもう一度学習したいと考えている。

笑顔で熱弁するあの人と公園の噴水
小さなころから、素肌があまり丈夫でなく、すぐにトラブルが起きる。
その上、ボディーシャワーの体に残る感覚が気持ち悪い。
しかしながら、冬はもちろんぱりぱりになるので、なるべく余計な薬品が入っていない化粧水を使用している。
この品の驚くべき点は、価格設定が凄く高すぎるところだ。

息もつかさず跳ねる妹と暑い日差し

村上春樹のストーリーがハマると、周りの人々の話を聞き、初めて読んだのがノルウェイの森。
ノルウェイの森は、日本国内外でたくさんの人に読まれており、松山ケンイチさん主演での映画化もされた。
村上春樹の文庫本は、会話が面白く、サクサクと読めてしまう所が好きだ。
直子と緑との2人の女性の間でゆれる、主人公のワタナベは、実際、生死の間でゆれているよう。
そういった骨組みを取り除いても2人の女性は魅力があると思った。
それに、ハツミさんや永沢さんやレイコさんといった役が加わる。
全員魅力的でどこか変わっていて陰の部分を持ちあわせている。
大分前に知ったストーリーだが読みたいかも!と思い立って開いたことが何回もある作品。
主人公のワタナベは直子に、お願いをふたつ聞いてほしいと頼まれみっつ聞くと答える。
素敵な返しだなと感じた瞬間。
そして、直子がちょっとだけうらやましくなった。

息もつかさず大声を出す彼と失くしたストラップ
チカコが、自分の部屋のベランダにて、トマトを作っている。
実がなったらミネストローネを作りたいそうだ。
彼女は、まめに水を与えないし、ベランダで煙草を吸うので、彼女のトマトの生活環境はこれっぽっちも良い環境ではない。
丸一日水分をあげなかったという時期の、その見た目は、葉っぱがしょぼんとしていて、まるでしゅんとしている姿に激似だ。
申し訳ない気分だったので、水をたくさんあたえると、あくる日の早朝のミニトマトは元気に復活していた。

雹が降った仏滅の昼は目を閉じて

テレビを見ていたり、繁華街に行くと綺麗だな〜と思う人はたくさんいる。
顔立ちは、標準的な美人とは言えなくても、愛嬌があったりオーラがあったり。
個々の雰囲気は、その人の今までの積み重ねかもしれない。
結構重要だと思う。
私が注目しているのがアーティストの西野カナだ。
コンサートに行って初めて質疑応答を受けている姿を見た。
女の子っぽい!と思わずにいられない。
愛嬌のある顔立ちに、体格も程よい感じ、明るい色が凄く合う印象。
会話がおっとりしていて、方言もポイントがアップ。
彼女の曲は割と聞くけれど、話している姿を見てますますファンになった。

どしゃ降りの水曜の昼は焼酎を
プレゼントとして友達に貰った香水、フローラルっぽい匂いだ。
私に似合う香りを頭に置いて選んでくれた作品で、ちっちゃくてリボンがついていて可愛らしい。
匂い自体も瓶も大げさに言っても派手とは言い難い匂いだ。
店にはたくさんの商品が並んでいたのだけど、目立たない場所に置いてあった商品。
サイズは本当に小さい。
小型で重宝している。
どこかへ行くときだけでなく、出張の時も手提げの中に、家で仕事をするときはそばに必ず置いている。
そのことから、私のカバンの中はどれも同じ匂い。
いつでもつけているので、そうでないときは周りに今日あの香りしないと気づかれる場合もたまに。
お店でたくさんの香りをつけるのは好きだけど、この香りが今までで最高に気に入っている。

のめり込んでお喋りする父さんと横殴りの雪

ここ最近のネイルブースは、ジェルなど、とても難しい技術が使用されているみたいだ。
多少サービスのあるインビをくれたので来店してみた。
人一倍、カラーや雰囲気に関して、優柔なので、デザインを伝えるのに時間を使った。
小指だけ簡単なアートをしていただいて、とてもご機嫌になった。

一生懸命話す弟とファミレス
今晩は一家そろって外食なので、少年は行く前から気分はウキウキだった。
何を食べようかな、と夕方にはいろいろと思いを巡らしていた。
ハンバーグやオムライス、ねぎとろ丼に天丼、なんてメニュー表にはどんな物があるのかと想像していた。
行く場所は近所のファミレスだ。
お父さんが運転している車はそろそろお店の駐車場に着く頃だ。
お母さんは助手席から外の花や木を指差している。
お姉さんは少年の隣で、手鏡でニキビをチェックしている。
少年は車から飛び降りると、ドキドキしながら店の入り口を真っ先に開けた。

▲ Page Top

Copyright (C) 2015 朝のアイスコーヒーはクイッと飲みたい All Rights Reserved.